経歴

1967年 大阪府大阪市生まれ
1991年 神戸大学 大学院工学研究科 建築学専攻 修士課程修了
1991年 株式会社坂倉建築研究所大阪事務所入所
1999年 株式会社坂倉建築研究所大阪事務所退所
2000年 田中栄治建築設計事務所開設
2004年~ 神戸山手大学助教授を兼務
(2007年~ 准教授、2013年~ 教授)
2008年 一級建築士事務所田中+青山開設
2017年~ 大阪府立大学非常勤講師

資格

一級建築士 第251656号
インテリアプランナー 第95-10001号
1級造園施工管理技士 第95160061号
福祉住環境コーディネーター3級 37-3-02495
兵庫県へリテージマネージャー 登録第5-3号

所 属

日本建築学会
日本建築設計学会
日本造園学会
形の文化会
兵庫県建築士会
DOCOMOMO Japan 正会員
ひょうごへリテージ機構

委員

兵庫県文化財保護指導委員 2006年~2008年
伊丹市都市景観審議会委員 2006年~
兵庫県古民家再生検討会議委員 2007年~
神戸すまいづくり若手研究会委員 2008年
建築家坂倉準三展制作委員 2008年~2009年
篠山市都市計画審議会委員 2009年~
第1回伊丹市都市景観賞選考委員 2010年
篠山市まちづくり審議会委員 2011年~
伊丹市都市景観審議会・デザイン審査小委員会委員 2006年~
伊丹市行財政審議会・公共建築マネジメント部会委員 2014年
篠山市まちづくり審議会・景観部会委員 2014年~
幻の公会堂と近代神戸の建築展制作委員 2015年
第2回伊丹市都市景観賞選考委員 2015年
南山活性化支援施設(仮称)整備事業公募型企画提案競技審査委員会委員 2016年
加東市東条地域小中一貫校基本・実施設計作成業務委託公募型企画提案競技審査委員 2017年






経歴

1968年 大阪府東大阪市生まれ
1992年 京都大学工学部建築学科卒業
     株式会社坂倉建築研究所大阪事務所に入社
2002年 株式会社坂倉建築研究所大阪事務所を退社
2003年 青山有希一級建築士事務所設立
2008年 一級建築士事務所田中+青山開設
2012年~ 神戸女子短期大学 非常勤講師
2016年~ 帝塚山大学 非常勤講師

受賞

1991年度 日本建築学会設計競技 佳作

資格

一級建築士
設計専攻建築士(日本建築士会連合会認定)
1級造園施工管理技士


Copyright 2017 Tanaka+Aoyama Architects and Associates

講座・講演会等

神戸山手大学公開講座「神戸・阪神間の近代住宅」全4回 2008年9月20日(土)、10月25日(土)、11月22日(土)、2009年1月24日(土)
神戸市立相楽園 庭園講座 「神戸阪神間の洋館」 2009年6月20日
ひょうご講座2010 「神戸の歴史的建造物とヘリテージマネージャー」兵庫県民会館 2010年9月28日
第1回伊丹市都市景観賞表彰式・記念講演会 講評 いたみホール中ホール 2010年10月27日
第5回篠山景観フォーラム 「景観まちづくりのための屋外広告物のあり方 –創造農村を目指して-」パネリスト 篠山市民センター 篠山市主催 2013 年10月27日
神戸山手大学公開講座「リフォームのポイント マンション編」2014年6月15日(日)
神戸山手大学公開講座「リフォームのポイント 戸建て住宅編」2014年7月13日(日)
幻の公会堂と近代神戸の建築展 展示解説特別講演会 「神戸市公会堂に馳せた夢」こうべまちづくり会館 2015年5月23日
伊丹市広報番組『伊丹だより』出演 「伊丹市都市景観賞」ベイコム11ch(兵庫) 2015年8月24日~9月6日放映
第2回伊丹市都市景観賞表彰式・記念講演会 講評 伊丹市立図書館ことば蔵 2015年11月22日
神戸山手大学公開講座「阪神間モダニズム住宅の建築と庭園」2017年9月10日(日)
招待講演「大正・昭和前半期の住宅における建築と庭園」形の文化会 第67回フォーラム(神戸)テーマ『阪神間の建築と庭園のかたち』2017年10月7日(土)会場:神戸山手大学

雑誌掲載

「神戸西エリアの異人館 旧グッゲンハイム邸について」『住宅建築』 2009年1月号 建築資料研究社
「90分のフィールドワーク」『月刊KOBECCO』 2011年1月号 神戸っ子出版
「郷土の近代建築 南あわじ市南淡庁舎・旧青渓中学校」『建築士』2013年1月号 建築士会連合会
「名作住宅の庭 造園と建築が庭に熱かった時代」『庭』No.219 2015年夏号 建築資料研究社
「街全体が歴史によって刻まれた建築・住居学の実物大教科書」『月刊KOBECCO』 2015年11月号 神戸っ子出版
「内と外のつながりが日常をより豊かにする」『The Season』2016年2月エフジー武蔵
「建築と庭が一体となった構成美 堀口捨己」『庭』No.225 2016年冬号 建築資料研究社

論文

「集合住宅における共有空間の領域化に関する研究 : コーポラティブ住宅における居住者の領域意識解析を通して」『日本建築学会近畿支部研究 報告集』1991年5月
「集合住宅における共有空間の領域化に関する研究 : コーポラティブ住宅における居住者の領域意識解析を通して」『学術講演梗概集. E, 建築計 画, 農村計画』1991年8月
「建築における内と外のつながりについて:住宅設計を通して考えたこと」『神戸山手大学紀要』2004年12月
「住宅における生活空間の構成:住宅設計を通して考えたこと その2」『神戸山手大学紀要』2005年12月
「雑誌『新建築』にみる戦後の阪神間の住宅 : 阪神間のモダニズム住宅 その1」『神戸山手大学紀要』2005年12月
「雑誌『建築と社会』にみる戦前の関西の住宅 : 阪神間のモダニズム住宅 その2」『神戸山手大学紀要』2006年12月
「雑誌『住宅研究』にみる大正期関西の住宅--阪神間のモダニズム住宅 その3」『神戸山手大学紀要』2007年12月
「雑誌『新建築』にみる大正から昭和初期の関西の住宅--阪神間のモダニズム住宅 その4」『神戸山手大学紀要』2009年12月
「大正後期から昭和初期の関西の住宅における庭園の役割 : 阪神間のモダニズム住宅 その5」『神戸山手大学紀要』2012年12月
「大正後期の住宅における庭園の役割 : 大屋靈城『庭本位の小住宅』より」『神戸山手大学紀要』2013年12月
「昭和初期の住宅における建築と庭園 : 西川友孝『造庭建築』を中心に」『神戸山手大学紀要』2014年12月
「住宅における建築と庭園:庭園研究者・造園家 森蘊と建築家 堀口捨己・西澤文隆」『神戸山手大学紀要』2015年12月
「庭園研究者・造園家 森蘊と建築家 谷口吉郎 –昭和前半期における建築家と造園家の交流–」『神戸山手大学紀要』第18号 2016年12月
「建築と庭園の結びつきの視点 –森蘊と堀口捨己・西澤文隆の桂離宮意匠論–」『神戸山手大学紀要』第19号 2017年12月

主な設計担当建物

山口町徳風会館・郷土資料館
新大阪プライムタワー(新建築9909増刊号)
コーポラティブハウス神戸2 及び
新開地アートビレッジセンター
神戸ハーバーランド情報文化ビル(新建築9703)
田辺市立美術館(新建築 9710)
大阪府立大型児童館ビッグバン(新建築9909)
<主な担当コンペ・プロポーザル等>
六甲アイランドIBP事業コンペ(1等)
阿武山団地コンペ(1等)
枚方文化会館・福祉会館コンペ
台北縣庁舎コンペ(2等)
NHK・大阪市博物館プロポーザル

主な設計担当建物

福井労働基準監督署
姫路自動車検査事務所
徳島公共職業安定所・徳島障害者職業センター
大阪府大型児童館館「ビッグバン」
苔谷公園コミュニティセンター
鶴見区民センター(防災計画)
ホテルシーガルてんぽーざん大阪
神戸市立宮本小学校
舞洲野外活動センター
(全体計画およびキャビン棟・野外炊飯棟)
みなくち総合公園子どもの森 森の学校(基本計画)
(旧)住宅都市整備公団 阿武山9番街(基本計画)
六甲アイランドシティウエストコート
大阪市住宅供給公社 北山賃貸住宅
旧精華小学校修景